Rマーク(®)とは?

R(登録商標)マーク

Rを丸で囲んだマーク『®』は、『Rマーク』(アールマーク)と呼ばれています。

このRマーク(®)は、それが付けられた商標<例えば『Windows®』『着うた®』>が
Registered Trademark = 登録商標 = 商標登録済みの商標
であることを意味しており、『登録商標マーク』とも呼ばれます。つまり、『R』は、『Registered』の頭文字を表しています。

商標登録表示

日本国では、指定商品(商標登録において指定した商品)やそのパッケージなどに登録商標を表示する際に、『商標登録表示』(登録商標である旨の表示)を付けることが奨励されています。

日本国の商標法上の『商標登録表示』は、
『登録商標』の文字及びその登録番号 = 例:『登録商標第1234567号』
と規定されていますが、義務ではないので、商標登録表示を付けなくても、問題はありません。

一方、Rマーク(®)『登録商標』の文字なども商慣習的な商標登録表示としてよく使用されており、下記のような使用パターンがあります。

  • Rマーク(®)を登録商標の右上に付ける。:<※最も一般的>
  • Rマーク(®)を登録商標の右下に付ける。
  • Rマーク(®)を登録商標の右横に付ける。
  • 『登録商標』の文字を登録商標の上に付ける。
  • 『登録商標』の縦書き文字を縦書きの登録商標の右横に付ける。

虚偽表示に注意

309031_s_wi

商標登録を受けていない商標に、商標登録表示<例:『登録商標第1234567号』>またはこれとまぎらわしい表示<Rマーク(®)、『登録商標』の文字、など>を付けた場合には、刑事罰の適用がある『虚偽表示』に該当する可能性が高いです。

従って、出願中(審査中)の商標を含め、商標登録を受けていない商標にRマーク(®)などを付けるべきではありません。

TMマークとは?

商標の右上や右下などに付けられる『TM』は、『TMマーク』(ティーエムマーク)と呼ばれています。

このTMマーク(TM)は、それが付けられた商標が
Trademark = 商品商標 = 商品についての商標
であることを意味しており、商標登録や商標出願の有無にかかわらず、商慣習的に使用されています。

SMマークとは?

商標の右上や右下などに付けられる『SM』は、『SMマーク』(エスエムマーク)と呼ばれています。

このSMマーク(SM)は、それが付けられた商標が
Service Mark = 役務商標 = 役務(サービス)についての商標
であることを意味しており、商標登録や商標出願の有無にかかわらず、商慣習的に使用されています。

Cマーク(©)とは?

Cマーク(著作権表示)

Cを丸で囲んだマーク『©』は、『Cマーク』(シーマーク)と呼ばれています。

このCマーク(©)は、それが左横に付けられた会社や個人に『著作権(Copyright)』があることを意味しており、『著作権表示』とも呼ばれます。つまり、『C』は、『Copyright』の頭文字を表しています。

なお、著作権は、商標出願のような何らかの手続により発生するのではなく、著作物の創作と同時に発生します。

商標登録のお申込み・無料見積はこちら

OKU国際特許商標事務所 代表弁理士 奥 佳晃

お電話による商標登録の無料見積・お問合せ

【TEL】06-6225-7840

OKU国際特許商標事務所 弁理士 奥 佳晃 まで
<無料電話相談>も受付中です。お気軽にご連絡ください。

営業時間:平日10時~18時 【土日祝も対応可能】
(※下記フォームでは365日24時間受付中)

今すぐお申込み・無料見積

サービス提供エリア

商標登録センター大阪【運営:OKU国際特許商標事務所】は、全国対応です。

全国: 北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、新潟、長野、富山、石川、福井、愛知、岐阜、静岡、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄